【インタビュー3/4】グラハム・ボネット「レインボー編」 – BARKS


BARKS

【インタビュー3/4】グラハム・ボネット「レインボー編」
BARKS
グラハム・ボネット:うん、当時のチャートは多様性が許されていたと思う。ABBAもいればレインボーもいる、健康的なシーンだったよ。俺はマーブルズの「オンリー・ワン・ウーマン」をヒットさせて、ポップ・チャートとは無縁ではなかったんだ。リッチーがその曲を聴いて、俺に声をかける ...