寺で死を考える「デスカフェ」が人気 京都の若手僧侶“ワカゾー”が運営 「死を考えると生きるエネルギー湧く」 – 産経ニュース


寺で死を考える「デスカフェ」が人気 京都の若手僧侶“ワカゾー”が運営 「死を考えると生きるエネルギー湧く」
産経ニュース
京都市などに住む若手僧侶グループ「ワカゾー」が、寺でお茶を飲みながら死について語る会「デスカフェ」を平成27年から開いている。20~40代を中心に、11回で延べ約120人が参加。「死を考えると生きるエネルギーが湧く」と評判だ。 今年7月中旬、京都市内の寺。本尊の前 ...