東芝:「人とくるまのテクノロジー展2017 横浜」への出展について

未来の車載ソリューションに貢献する最新システムから電子デバイスや材料までを紹介


東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 株式会社東芝ストレージ&デバイスソリューション社は、5月24日から26日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2017 横浜」に出展します。「くるまのある暮らしをもっと快適に」をコンセプトに、先進運転支援システム(ADAS)や次世代車載情報通信システム(IVI)などに向けて、画像認識プロセッサ「ViscontiTM」と電子ミラー表示技術を組み合わせて安心で快適な運転を支援する次世代コックピットソリューションや、自動車IoTソリューションなどの最新システムの提案から、半導体、ストレージ、電池などの電子デバイスや材料までの製品展示やデモを通して、未来の車載ソリューションの提案を行います。

「人とくるまのテクノロジー展2017 横浜」展示の概要

1. 開催日:2017年5月24日(水)~26日(金)
2. 会場: パシフィコ横浜
3. 展示ブース:東芝グループブース (小間番号: ホールC 227)
4. 主な展示内容:

車載モータ制御ソリューション
センサレス/マイコンレス/半導体リレーでECU小型化に貢献
ソフト開発が不要な車載用3相ブラシレス・センサレス・モータプリドライバを紹介します。MOSFETは新プロセスにより小型軽量化・低ノイズ化を実現し、IPDは微細プロセスと小型パッケージでセット小型化に貢献します。

フォトカプラ混載IGBTゲートコントローラ
HEV・EVの走行安全と低燃費に貢献
信号系と駆動系の絶縁部にフォトカプラを混載することにより、耐ノイズ性と絶縁性の両立を実現します。さらに機能安全を考慮した多彩な検出・保護機能を搭載し、小型化に貢献します。

次世代コックピットソリューション
運転を支援しドライバーの負担を軽減
ドライバーのストレス軽減に貢献する次世代コックピットを紹介します。画像認識プロセッサによって周辺を監視し、電子化したミラーで死角を削減します。

ADAS向け画像認識プロセッサ Visconti™
クルマの安全を進化させる先進技術
先進運転支援システム(ADAS)に求められる高度な画像認識(低照度環境の歩行者検知・ サイクリスト検知)を高速・低消費電力で実現します。

車載用途に適した高信頼性ストレージ
コネクテッドカーを支える車載機器用e·MMC™/UFS、ナビゲーションシステム用SD、microSDメモリカードを紹介します。

※Viscontiは、株式会社東芝の登録商標です。
※"e·MMC"はJEDEC/MMCAの商標です
※本ページに記載されているシステムおよび製品名は、一般に各社の登録商標または商標です。

当社の展示内容のさらに詳しい内容については下記ホームページをご覧ください。
https://toshiba.semicon-storage.com/jp/design-support/exhibition/car17.html

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


Contacts

報道関係の本資料に関するお問い合わせ先:
株式会社 東芝
ストレージ&デバイスソリューション社
デジタルマーケティング部
長沢千秋
Tel: 03-3457-4963
e-mail: semicon-NR-mailbox@ml.toshiba.co.jp