ロン・ウルフが航空産業サプライヤー協会の2017年度エドワード・グルックラー賞を受賞

米フロリダ州コーラルゲーブルズ--(BUSINESS WIRE)---- (ビジネスワイヤ) -- AerSale業務・品質保証担当バイスプレジデントのロン・ウルフが、航空産業サプライヤー協会(ASA)が授与する栄誉ある2017年度エドワード・グルックラー賞を受賞しました。ASAは世界的に知られた非営利の航空業界団体であり、航空部品の調達、販売、流通分野に特有の品質、法務、規制、その他の実践的な問題に関するベストプラクティスの確立と認定を目的としており、業界の有力企業が多数加盟しています。

AerSale最高経営責任者(CEO)のニコラス・フィナッソは、次のように述べています。「当社のロン・ウルフが2017年度の『エディー』賞の受賞者としてASAに認められたことを光栄に思います。ウルフはそのキャリアを通じて、従業員の育成、作業工程の改善、製品やサービスの向上に熱心に努めてきました。彼ほど卓越を目指して力を尽くしてきた人物を、私は他に知りません。」

ウルフは30年以上におよぶ航空業界の経験を持ち、特に品質基準、航空部品管理、保守・修理・整備(MRO)業務運営を専門としてきました。現在は業務・品質保証担当バイスプレジデントとして、技術記録、購買、修理管理を含む、世界各地のAerSale流通施設の日常業務と戦略的開発を統括しています。ウルフはISO 9001:2000、AS 9120、ISO 14001、ASA-100をはじめとする、AerSaleの多数の品質基準と認証取得における実践とその維持を中心となって進めてきました。1997年より、ASA品質委員会の委員として優れた働きをしています。

エドワード・J・グルックラー賞は毎年、ASAと航空業界全体に対する並外れた尽力、献身、貢献を果たした受賞者の長年にわたる功績を称えるために、ASAが授与する賞です。ウルフは7月9~11日にバージニア州レストンで開催されたASAの年次総会でエドワード・グルックラー賞を受けました。

世界的な航空リーダーのAerSaleは、中古航空機、エンジン、部品の販売、リース、交換のほか、商用航空機と部品のために広範な保守・修理・整備(MRO)サービスを提供しています。AerSaleは、耐用年数を経た航空機やエンジンの所有者に、資産管理サービスも提供しています。フロリダ州コーラルゲーブルズに本社を置くAerSaleは、米国・欧州・アジアで営業所と業務を維持しています。

詳細については、当社のウェブサイト(www.aersale.com)をご覧になるか、電話(305-764-3200)または電子メール(media.relations@aersale.com)でAerSale Media Relationsまでお問い合わせください。

当社のフォローをお願いします:

リンクトイン | ツイッター | フェイスブック | インスタグラム

原文はbusinesswire.comでご覧ください:http://www.businesswire.com/news/home/20170712006149/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

 


Contacts

AerSale
Lyndelle Nieuwkerk, 305-764-3200
media.relations@aersale.com