GAテレシスが5億ドルのGAIN 2ファンドの設立を発表

佛罗里达州劳德代尔堡与纽约 米フロリダ州フォートローダーデール & ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)---- (ビジネスワイヤ) -- GAテレシスとワフラ・キャピタル・パートナーズ(WCP)は本日、航空機・エンジンへの投資を柱とする2件目の航空投資ビークルの設立を目的に、WCPのアドバイスの下、機関・個人投資家から5億ドルの資金を調達したと共同で発表しました。今回の資金調達は、WCPを通じた2回目の資金調達となります。


この投資ビークルの名称はGAテレシス・アビエーション・インベストメンツ2(GAIN 2)とされ、GAテレシスの完全保有子会社であるGAテレシス・キャピタル・マネジメントにより運営されます。今回調達した資金、GAテレシスの自己資金、既存の信用枠を合計したGAテレシス・アビエーション・インベストメンツの投資可能額は最大20億ドルに達します。

2014年に、GAテレシスとWCPはGAIN 1を設立しました。この投資ビークルが現在までに実現した運用成績は、民間航空機およびエンジンのリースへの幅広い投資で予想を上回っています。GAIN 1が保有するほぼすべての資産が利益を上げています。

GAIN 2は、長期および短期のリースや資金供与のために、民間航空機、エンジン、航空インフラ設備、次世代部品在庫に投資することを目指します。GAIN 2は、投資期間、資産の種類、資本構造の点で多様な投資を行う幅広い柔軟性を持っています。現在、GAテレシスは航空機30機、エンジン60基を保有しており、2002年以降、航空機300機およびエンジン700基という前例のない規模の解体を行っています。

GAテレシスのアブドル・モーベリー社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「最初に設立されたGAINの実現リターンは高水準に達しています。WCPの戦略的な航空投資におけるパートナーとしてGAIN 2を設立することを大変うれしく思います。これは、GAテレシスの資金調達力ならびに航空投資の選別と管理で優れた成績を達成する力を改めて証明するものです。」

WCPのマイケル・ゴンター最高投資責任者(CIO)は、次のように述べています。「GAIN 1でのGAテレシスとの提携は、極めて高いリターンを上げています。このような実績を上げた同社の経営陣との連携によりGAIN 2に投資することを大変うれしく思います。」

GAテレシスについて

GAテレシスは統合的な航空ソリューションを提供する世界的企業として、航空宇宙産業にサービスを提供しています。当社は、金融資産構築の専門知識と部品サプライチェーン・ソリューション、ジェットエンジン、航空機システム、エアロストラクチャーズMROのサービスを統合するテーラーメイドの多面的ソリューションを創造することで、お客さまが高水準のパフォーマンスを達成できるよう支援しています。GAテレシスは6大陸の2000社以上の顧客にサービスを提供しており、エアバス、ボーイング、ボンバルディア、エンブラエルの機体に加え、CFMインターナショナル、ゼネラル・エレクトリック、、インターナショナル・エアロ・エンジンズ、プラット・アンド・ホイットニー、ロールスロイスのジェットエンジンすべてに対応しています。

WCPについて

ニューヨークに本拠を置く米証券取引委員会(SEC)登録投資顧問業者であるWCPは、動産担保ファイナンス、ストラクチャード・ファイナンス、不動産の各分野における投資ビークルのイスラム法に準拠する形での組成とアドバイザリー・サービスを中心に、投資顧問サービスを提供しています。かつてワフラ・インベストメント・アドバイザリー・グループのストラクチャード・ファイナンス部門であったWCPは、2011年に別会社としてSEC登録投資顧問業者となり、クウェート政府の独立機関の公共社会保障機関が受益株式の過半数を保有しています。WCPの経営陣は、ストラクチャード・ファイナンス部門および事業・商品開発部門の旧従業員により構成されています。

原文はbusinesswire.comでご覧ください: http://www.businesswire.com/news/home/20170807006096/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

GA Telesis, LLC
Cathy Moabery, 954-676-3111
cmoabery@gatelesis.com