ベロダインLiDAR、自律走行車両の急増に備えて生産力を4倍以上に増強

欧州、アジア太平洋、アメリカ大陸でのセンサーの即時納入体制が実現

米カリフォルニア州サンノゼ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 自律走行車両向け3Dビジョンシステムで世界をリードするベロダインLiDARは本日、旺盛な世界的需要に応えるために高性能LiDARセンサーの生産力を4倍以上に拡大したと発表しました。この結果、ベロダインLiDARのセンサーは、欧州、アジア太平洋、北米の販売パートナーを通じて即時納入可能になりました。直接契約のお客さまには、業界の基準となる納期で対応します。


ベロダインLiDARの創業者で最高経営責任者(CEO)のDavid Hallは、このように述べています。「ベロダインは、完全自律走行車両のためのリアルタイム3D LiDARシステムで市場をリードしています。過去12カ月間に自律走行車両の発注と新規導入が莫大な増加を示したため、この需要に応えるために生産規模を拡大しました。これには、20万平方フィートに及ぶメガファクトリーでの大規模な生産能力の拡大も含まれます。」

ベロダインLiDARは、この積極的な生産能力の拡大を可能にするため、過去6カ月間にフルタイム従業員の数を倍増させてきました。増加した従業員は、サンノゼにある当社の新たなメガファクトリー、モーガンヒルにある当社の歴史の長い製造施設、そしてアラメダにあるベロダイン・ラブズ・リサーチセンターというカリフォルニア州の3つの施設で働いています。

ベロダインは、自律走行車両向けで初めての3DリアルタイムLiDARセンサーを発明し、特許を取得しています。過去10年間にわたり、ベロダインのセンサーは、世界各地の数千台の車両に搭載され、実際に数百万マイルの走行に使用されています。ベロダインは、10カ国以上で数十件の自律走行車両プログラムに中核的技術を提供し、ローカライズと環境配慮の面で業界標準となっています。

ベロダインLiDARについて

1983年に設立されてシリコンバレーに本拠を置くベロダインは、リアルタイム3D LiDARセンサーで世界的に知られる技術企業です。当社の発展は、創業者で発明家のDavid Hallが2005年にHDL-64ソリッドステート・ハイブリッドLiDARセンサーを開発したことに始まります。それ以来、ベロダインLiDARは、自律走行車両、車両安全システム、移動式地図作成、航空地図作成、セキュリティーを含む多様な商業アプリケーションで使用されるリアルタイム3Dビジョンシステムにおける比類のない市場リーダーとして成長しました。製品は、高性能サラウンドビューUltra-Puck™ VLP-32、クラシックHDL-32/64、コスト効果の高いVLP-16から、近日発売される隠蔽型Velarray™まで、幅広く揃えられています。ベロダインの豊かなパーセプション・ソフトウェアとアルゴリズムが、パーセプション・システムを可能にする重要な要素となっています。ベロダインは、サンノゼ、デトロイト、フランクフルト、北京のオフィスから顧客サポートを行っています。詳細情報については、http://www.velodynelidar.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Velodyne LiDAR Inc.
Andrew Hussey, 408-966-5078
Communications Director
ahussey@velodyne.com