WTO事務局長、マルコム・グラッドウェル氏、先見的人物らが将来展望を示して2018年世界政府サミットが閉幕

  • WTO事務局長は先進経済諸国から雇用を奪っているのは移民や貿易ではなく技術であると指摘
  • 仮想通貨市場はまだ創成期にあるが、この誕生段階の技術には真の未来がある
  • 各国政府は大規模ソリューションではなく個別ソリューションに着眼すべき時期

アラブ首長国連邦ドバイ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) ドバイで開催された第6回世界政府サミット(WGS 2018)は、イノベーションによって劇的で不可避の変化がもたらされることについて活発な議論を交わし、新たな世界秩序に沿った機関の再編の必要性を訴えて幕を閉じました。



このスマートニュースリリースにはマルチメディアが含まれています。リリース全文は下記でご覧ください。
http://www.businesswire.com/news/home/20180213006279/en/

世界貿易機関のロベルト・カルバーリョ・アゼベド事務局長は、次のように述べました。「先進経済諸国で失われている10件の雇用のうち8件は、貿易や移民のせいではなく、新技術により奪われています。電子商取引は、現実のものです。加盟164カ国すべてがその構えをしているわけではありませんが、各国がこの問題に関する議論に加わることが重要です。」

「現在行われている電子商取引の多くは企業間取引です。企業・消費者間取引は、世界を一変させます。消費者保護のための法律や規制を、越境取引、デジタル署名、法律の適用対象となる国境を越境の合法性、商品の返品に関して考慮しなければなりません。これまでとはまったく別の世界となります。」

仮想通貨の支持者は、「ビットコイン・バブル」の兆候を退け、デジタル資産の浸透を力説しました。ブロックチェーン・テクノロジーズ・コーポレーションを創業したNick Spanos最高経営責任者(CEO)は、「仮想通貨は通貨の独立性をもたらす大衆のための通貨であり、単なる通貨以上の意味を持ちます。ビットコインはバブルではなく、その誕生以来、時代遅れの通貨システムのバブルをはじけさせる針です」と述べています。

ベストセラー作家のマルコム・グラッドウェル氏は、社会が技術により進化しており、そのような脈絡で、政府は将来の不確定要因に備える必要があると指摘しました。グラッドウェル氏は、より人間らしい未来を形作るためには人間による判断が重要な意味を持つと強調しました。

またグラッドウェル氏は、情報過多の時代に政府や機関が直面する課題を取り上げ、次のように述べました。「私たちが政府に対して抱いてきた期待は200年にわたり同じままでした。近代社会では、政府が直面する課題は変化しています。期待も変化しており、政府は知識に基づく経済への世界的な移行に対応できる進歩的な政策を策定する必要があります。」

*配信元:AETOSWire

businesswire.comのソースバージョン:http://www.businesswire.com/news/home/20180213006279/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

WGS Media Team
Aurelien Raspiengeas, +971559548659
Media Representative
media@worldgovernmentsummit.org