IDEMIA(アイデミア)、JCBと日本で初のF.CODE(エフ・コード)ペイメントカードを使用した実証実験を開始

仏コロンブ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 2017年11月2日に台北JCB World Conferenceで発表されたように、拡張アイデンティティの世界的リーダーIDEMIA(アイデミア、本社:フランス、CEO:ディディエ・ラムシュ / 日本法人:アイデミア・ジャパン株式会社、本社:東京都千代田区、代表取締役:根津伸欣、以下:アイデミア)と、日本発唯一の国際カードブランドである株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役兼執行役員社長:浜川 一郎、以下:JCB)が、日本で初のF.CODE(エフ・コード)ペイメントカードの実証実験を開始します。



「F」は「フィンガープリント」(指紋):F.CODEでは指紋がPINコードにとって代わるため、従来のペイメントカードとは異なり、ユーザーのセキュリティとプライバシーを強化し、独自のユニバーサル・アイデンティフィケーションを保証します。本カードはバッテリーを使用するタイプで世界初のバイオメトリックペイメントカードとなります。

F.CODEは、利用者と小売事業者に更なる利便性をもたらします:利用者は新しいPINコード(暗証番号)を覚える必要はなく、指紋で事が足ります。小売事業者においては、チェックアウトプロセスをスピードアップでき、カード発行事業者や政府にとっては今後、対面決済における革新的且つ高セキュリティな技術を採用できるようになります。F.CODEは、セキュリティや利便性を犠牲にすることなくシームレスな支払いを可能にします。
アイデミアは、バイオメトリクス領域と金融領域における長年の専門知識と経験をもとに、日本における革新的な決済手法に関してJCBとの強固なパートナーシップを築いてきております。アイデミアはJCBと共に、常にイノベーション意欲の高い日本で凸版印刷とカード発行において緊密なパートナーシップ結び、「決済の未来」に向けたオファーを提供していきます。

金融機関ビジネスユニットのエグゼクティブバイスプレジデントであるピエール・バリアル(Pierre Barrial)は次のように述べています。「私たちは、JCBとの強力なパートナーシップの一環として、この最初のマイルストーンを発表できることを大変うれしく思っています。F.CODEは、高度に安全な認証を提供する独自技術であり、日本で初めて商用化できることを熱望しています。

渡辺 貴JCBブランドインフラ推進部長は次のように付け加えています。「決済に関するテクノロジーが急速に進化する中、JCBはお客様に最新かつ安全な決済体験を提供できるよう精力的に取り組んできました。今回の実証実験では、アイデミアとの強力なパートナーシップを通じて、お客様に安全で円滑な未来の決済方法を提供するために、このユースケースを検証してまいります。」

IDEMIA(アイデミア)について

旧名「OT-Morpho」のIDEMIAは、ますますデジタル化する拡張アイデンティティの世界的リーダーで、市民と消費者が、接続された環境において、相互にやりとりし、支払い、接続し、旅行や投票もできるようになることを将来の目標に掲げています。
私たちが暮らす現代の社会において、アイデンティティの保護は、今や欠くことのできない重要な事柄となっています。拡張アイデンティティを実践することで、IDEMIA は人とモノの両方を対象に、アイデンティティという資産について考え、それを生成、利用、保護するための新たな方法を生み出しています。IDEMIA では、全世界の金融、通信、アイデンティティ、セキュリティ、IoT分野の顧客のために、プライバシーと信頼を確保すると同時に、認証済みの、安全で検証可能な取引を保証します。
IDEMIA は、OT(オベルチュールテクノロジーズ)と Safran Identity & Security(Morpho:モルフォ)の合併により誕生しました。IDEMIAは、世界で14,000人の従業員を擁し、約30億ドルの収益を達成、180カ国の顧客にサービスを提供しています。

詳細情報については、www.idemia.comをご覧ください。Twitterでは @IdemiaGroup をフォローしてください。


Contacts

プレス担当 : アヴァス・パリ広告代理店(Havas Paris PR Agency)
Hanna Sebbah, +33 (0)663 733030
idemia@havas.com

アイデミアがローレン・ルメールの新CFOへの任命を発表

仏コロンブ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 拡張された本人確認技術の世界的リーダー企業であるアイデミアは本日、ローレン・ルメールを当グループの新たな最高財務責任者(CFO)に任命したことを発表しました。



エセック卒業生のローレン・ルメールは、大企業の特に財務組織の管理・変革・合併について、財務関連の相当の専門知識を習得してきました。フランスの企業グループであるダノンの一部門でCFOを18年間にわたり務めた後、ITサービス業界とデジタル変革における欧州のリーダー企業であるステリア・グループ、後のソプラ・ステリアに入社し、CFOを9年間にわたり務めました。

2016年にはコリアン・グループのCFOに就任しました。同社は高齢者向けサービスの欧州リーダー企業であり、世界で4万7000人近い従業員を雇用しています。

アイデミアのディディエ・ラムーシュ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「アイデミアは、大手国際企業の最高財務責任者として格別の実績を持つ有能なエグゼクティブであるローレン・ルメールを迎えることができて光栄に思います。ルメールの財務組織の管理における広範な専門力と技術サービス業界についての知識は、拡張本人確認技術の市場におけるアイデミアの指導的地位を確固たるものとする上で役立つはずです。」

最後にローレン・ルメールは、次のように述べています。「私がアイデミアに入社して特にうれしいと思うのは、当社が急速な進展を見せる市場で指導的地位を強化するために意欲的な戦略を展開している決定的な瞬間に重なっているからです。私はアイデミアの成長と、その新たな観点での発展を支えることに全力で傾倒します。OTとモルフォが合併してから既に非常に大きな変化を取り入れていることを承知しており、新たなCFOとして私のすべての精力と経験をアイデミアが提供するサービスに注ぎ込んで、その変革を追求していきます。」

ローレン・ルメールの任命は本日付となります。

アイデミアについて

OT-モルフォは、アイデミアという名称になりました。アイデミアは、拡張された本人確認技術の世界的リーダーとして、接続された環境で可能になった方法で市民と消費者が交流、支払い、接続、旅行、投票ができるよう支援するという野心を持っています。

私たちが暮らす現在の世界では、私たちの本人確認情報のセキュリティーを確保することが必要不可欠となっています。拡張された本人確認を支持する立場に立ちながら、当社は個人が対象かモノが対象かを問わず、この資産を思考、生産、使用、保護する方法のあり方を塗り替えます。当社は金融、通信、本人確認、公共のセキュリティー、IoTの分野の国際的顧客を対象に、プライバシーと信頼を確保するとともに、認証されセキュアで検証可能なトランザクションを保証します。

売上高が30億ドルを超えるアイデミアは、OT(オベルチュール・テクノロジーズ)とサフラン・アイデンティティー・アンド・セキュリティー(モルフォ)が合併して生まれました。アイデミアは世界で1万4000人の従業員を擁し、180カ国以上の顧客にサービスを提供しています。

詳細については、www.idemia.comをご覧ください。ツイッターで@IdemiaGroupをフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Press
IDEMIA (Havas Paris)
Hanna Sebbah: +33 663 733030
Manon Gaudefroy: +33 685 306002
Email: idemia@havas.com

アイデミアがスムーズなアクセス管理を実現する新小型端末のモルフォウエーブ・コンパクトをISCウェストで発表

ラスベガス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 拡張された本人確認技術の世界的リーダー企業であるアイデミアは本日、スムーズな生体認証アクセス管理のための一連の製品に新製品モルフォウエーブ・コンパクト(MorphoWave™ Compact)を追加したことを発表します。工学の最高傑作となるモルフォウエーブ・コンパクトは、アイデミアの特許取得済みの非接触3D指紋認証技術に依拠しながら、賞を獲得したモルフォウエーブ・タワー(MorphoWave Tower)で実証された性能をスタイリッシュな小型リーダーとして実現したもので、壁面設置のアクセス管理や勤怠管理のアプリケーション向けに設計されています。



モルフォウエーブ・コンパクトはモルフォウエーブ・タワーより86%も小型ながら、広いスキャン範囲はモルフォウエーブ・タワーと同じです。モルフォウエーブ・コンパクトは手をセンサーに1回通すだけで4本の指を3Dスキャンし、最大限の精度を達成します。人間工学的な非接触の操作は、セキュリティー、簡便性、処理効率をいずれも備えるという比類なさを実現しています。モルフォウエーブ・コンパクトは小型である上に所有コストの競争優位性が非常に高く、IP65準拠性能と充実した機能セットにより、ユーザーは手をかざすだけで、どこでもスムーズなアクセス体験を確保できるようになります。

アイデミアは40年以上にわたり、指紋認証技術の世界的リーダー企業として、世界で最も多くのユーザーに生体認証の分野で貢献してきました。この10年間は膨大な研究開発を実施すると同時に非接触の指紋認証技術を大規模な範囲と件数で展開し、スムーズな生体認証アクセス管理を今日において確実に実証ずみの現実であるようにしてきました。

アイデミアの市民向け本人確認/公共セキュリティー事業担当エグゼクティブバイスプレジデントを務めるフィリップ・バローは、次のように語っています。「モルフォウエーブ・タワーはこれまで、企業の本社や大規模工場、著名大学、一部の最大手銀行や金融機関など、世界中の主要なフォーチュン500社企業で圧倒的成功を収めてきました。この成功は、モルフォウエーブ・タワーが約束する技術を実証しているのみならず、この製品を至る所で使用できるという潜在力および至る所で使用したいという強い要求についても証明しています。当社はモルフォウエーブ・コンパクトの設計に当たり、特にそれを念頭に置き、ユーザーがこの技術をロビー以外にも、あらゆるドア設置場所で使用できるようにしました。」

ラスベガスで開催のISCウェスト展示会(2018年4月11~13日)に参加される方は、4071番ブースでモルフォウエーブ・コンパクトをご覧いただくことができます。

アイデミアについて

OT-モルフォは、アイデミアという名称になりました。アイデミアは、ますますデジタル化される世界に対応するための拡張された本人確認技術の世界的リーダーとして、接続された環境で可能になった方法で市民と消費者が交流、支払い、接続、旅行、投票ができるよう支援するという野心を持っています。

私たちが暮らす現在の世界では、私たちの本人確認情報のセキュリティーを確保することが必要不可欠となっています。拡張された本人確認を支持する立場に立ちながら、当社は個人が対象かモノが対象かを問わず、この資産を思考、生産、使用、保護する方法のあり方を塗り替えます。当社は金融、通信、本人確認、公共のセキュリティー、IoTの分野の国際的顧客を対象に、プライバシーと信頼を確保するとともに、認証されセキュアで検証可能なトランザクションを保証します。

売上高が30億ドルを超えるアイデミアは、OT(オベルチュール・テクノロジーズ)とサフラン・アイデンティティー・アンド・セキュリティー(モルフォ)が合併して生まれました。アイデミアは世界で1万4000人の従業員を擁し、180カ国以上の顧客にサービスを提供しています。

詳細については、www.idemia.comをご覧ください。ツイッターで@IdemiaGroupをフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Press:
Havas Paris PR Agency
Hanna SEBBAH, +33 (0) 6 63 73 30 30
idemia@havas.com

フロスト&サリバンのベスト・プラクティス・アワード:アイデミアがグローバル生体認証ソリューション市場の年間最優秀企業に

仏コロンブ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 拡張本人確認技術の世界的リーダー企業のアイデミアは、フロスト&サリバンから2017年グローバル生体認証ソリューション市場年間最優秀企業として表彰されたことを発表いたします。この表彰により、アイデミアのクラス最高の未来指向の技術、顧客中心のサポート、画期的な業界イノベーション、優れた全体的業績が、フロスト&サリバンから評価を受けました。



セキュリティー面の圧力が高まっている中で、企業は、認証情報の盗難を防いで資産を保護できる確実な包括的ソリューションを必要としています。生体情報は、利用者の日常生活を簡単にしながらセキュリティーを強化することのできる本当の機会を提供します。フロスト&サリバンによる独立的分析により、アイデミアの実績ある技術が時代を先取りするものであり、成長、革新性、リーダーシップの点で世界的なものであることが確認されました。

この表彰において、フロスト&サリバンのアナリストは、「先見性のある革新と成果」および「顧客への影響」という2つの重要な要因を審査しました。結果を発表する際に、フロスト&サリバンは、アイデミアのスムーズな生体認証ソリューションにおける優れた成果を強調しました。アイデミアのソリューションは、会社の施設や空港などで、リアルタイムの顔・虹彩・指紋認識を利用してエンドユーザーがスムーズに本人確認を済ませることができるようにしています。フロスト&サリバンのアナリストはまた、スマートフォンや支払いカードなどの日常的な物品で使われる生体認証技術を提供するアイデミアの継続的な技術革新と顧客中心の技術も評価しました。

拡張本人確認のカテゴリーに含まれるアイデミアのソリューションは、幅広い非常に高度な生体認証技術と本人確認技術を活用し、「あなたを名乗れるのはあなただけ」という単純なことを確実に実行しています。アイデミアのクラス最高の技術は、一般的にピーク容量に対処したり環境光が非常に明るい場合でも継続して機能したりする必要があるという課題に対処できます。世界的に展開されるアイデミアのソリューションは、正確性が極めて高く、個人と企業の両方を保護することができます。

アイデミアの研究開発活動担当エグゼクティブバイスプレジデントのJean-Christophe Fondeurは、次のように述べています:「当社は、生体認証ソリューションによってフロスト&サリバンからグローバル年間最優秀企業として表彰されたことをうれしく思います。独立的な専門家やお客さまに認められる最先端技術を発明していることは、当社の誇りです。」

フロスト&サリバンのベスト・プラクティス・アナリストのTara Semon氏は、このように述べています:「イノベーションを重視したミッションの直接的結果として、アイデミアは時代を大きく先取りする画期的な技術を提供しています。そうすることで、アイデミアは、生体認証業界でリーダーとしての地位を確保しています。」

アイデミアについて

OT-モルフォは、アイデミアという名称になりました。アイデミアは、ますますデジタル化される世界に対応するための拡張された本人確認技術の世界的リーダーとして、接続された環境で可能になった方法で市民と消費者が交流、支払い、接続、旅行、投票ができるよう支援するという野心を持っています。

私たちが暮らす現在の世界では、私たちの本人確認情報のセキュリティーを確保することが必要不可欠となっています。拡張された本人確認を支持する立場に立ちながら、当社は個人が対象かモノが対象かを問わず、この資産を思考、生産、使用、保護する方法のあり方を塗り替えます。当社は金融、通信、本人確認、公共のセキュリティー、IoTの分野の国際的顧客を対象に、プライバシーと信頼を確保するとともに、認証されセキュアで検証可能なトランザクションを保証します。

アイデミアはOT(オベルチュール・テクノロジーズ)とサフラン・アイデンティティー・アンド・セキュリティー(モルフォ)が合併して生まれました。売上高が30億ユーロ近くに上り、世界で1万4000人の従業員を擁するアイデミアは、180カ国の顧客にサービスを提供しています。

詳細については、www.idemia.comをご覧ください。ツイッターで@IdemiaGroupをフォローしてください。

フロスト&サリバンについて
グロースパートナーシップ企業であるフロスト&サリバンは、お客さまと協力しながらビジョナリーイノベーションを活用し、今日の市場参加者の成功を左右するグローバルな課題とそれに関連する成長機会に取り組みます。フロスト&サリバンは50年以上にわたり、グローバル1000企業、新興企業、公共部門、投資業界のために成長戦略を策定してきました。ご連絡ください:対話を始めましょう。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Press:
Havas Paris PR Agency
Hanna Sebbah, +33-(0)6-63-73-30-30
idemia@havas.com

アイデミア:ドバイで開催される「シームレス・ミドルイースト」(2018年4月15〜16日)で拡張された本人確認技術の世界を紹介

仏コロンブ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- 拡張された本人確認技術の世界的リーダー企業であるアイデミアは本日、 2018年4月15〜16日にドバイで開催される決済/フィンテック分野における中東最大の展示会「2018年シームレス・ミドルイースト」に出展すると発表しました。


私たちが暮らす今日の世界では、本人確認情報のセキュリティー確保が必要不可欠となっています。アイデミアは、拡張された本人確認技術を具現化しながら、金融、通信、本人確認、公共のセキュリティー、IoTの分野の顧客のために、セキュリティー・確証性・検証可能性を備えたトランザクションを保証しています。

アイデミアが2018年シームレス・ミドルイーストで用意する特別デモエリアにお越しいただき、「取引」と「本人確認」のあり方を変える当社ソリューションをぜひご体験ください。

アイデミアのブースでは、下記のような幅広い革新成果を紹介します。

  • デジタルカスタマーオンボーディング向けのKnow Your Customer(顧客確認)ソリューション
  • 携帯電話向け3D顔/虹彩認識
  • 金融機関向けのデジタル顧客体験と適応型認証
  • アイデミアの次世代のバッテリー搭載決済カード(F-Code、ブリンク、モーション・コード)
  • モバイル決済サービス
  • 生体認証データ取得
  • ブロックチェーンなど、その他もご期待ください。

アイデミアの中東・アフリカ地域担当プレジデントを務めるMuzaffar Khokharは、次のように述べています。「2017年にオベルチュール・テクノロジーズとサフラン・アイデンティティー・アンド・セキュリティー(モルフォ)が合併して新グループを結成後、アイデミアの旗の下でシームレス・ミドルイーストに出展するのは、今回が初めてとなります。世界は今、機器、モノ、個人の身元確認と保護に関連した極めて重大な課題に直面しています。こうした時代に、当社のブースで皆さまとお会いし、アイデミアが金融機関のデジタル変革を支援している様子を紹介していきたいと思います。当社はこうした取り組みにおいて、常にセキュリティーにまったく妥協することなく、顧客と消費者に新世代のシームレスなソリューションと、スムーズに利用できる画期的技術を提供しています。」

ホール6にある当社ブース(#J10)を見て回り、拡張された本人確認技術の世界をお楽しみください。
アイデミアの講演者とデモ担当者が皆さまのお越しをお待ちしています!

より詳しい情報をご希望の方は、4月15日に実施する下記の講演イベントにご参加ください。

- Gurcan Altiparmak(中東・アフリカ地域販売・金融機関セールス担当バイスプレジデント)とのパネル討論会:「中東・北アフリカでデジタルバンキングを推進」(15:40)

- Guillaume Yribarren(マーケティング担当バイスプレジデント)との円卓会議:「生体認証技術の導入」(16:10)

アイデミアについて

OT-モルフォは、アイデミアという名称になりました。アイデミアは、拡張された本人確認技術の世界的リーダーとして、物理環境とデジタル環境の両方で、市民と消費者が支払い、接続、旅行、投票などの重要な日常活動ができるよう、セキュアな環境を提供するという野心を持っています。
私たちが暮らす現在の世界では、私たちの本人確認情報のセキュリティーを確保することが必要不可欠となっています。拡張された本人確認を支持する立場に立ちながら、当社は個人が対象かモノが対象かを問わず、この資産を思考、生産、使用、保護する方法のあり方を塗り替えます。当社は金融、通信、本人確認、公共のセキュリティー、IoTの分野の国際的顧客を対象に、プライバシーと信頼を確保するとともに、認証されセキュアで検証可能なトランザクションを保証します。
アイデミアはOT(オベルチュール・テクノロジーズ)とサフラン・アイデンティティー・アンド・セキュリティー(モルフォ)が合併して生まれました。売上高が30億ユーロ近くに上り、世界で1万4000人の従業員を擁するアイデミアは、180カ国の顧客にサービスを提供しています。
詳細については、www.idemia.comをご覧ください。ツイッターで@IdemiaGrouppをフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Press contacts:
Havas Paris PR Agency
Hanna SEBBAH – 06 63 73 30 30
Email: idemia@havas.com

アイデミア、2018年3月27日に2017年通期財務業績を投資家向けに発表

仏コロンブ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 拡張本人確認の世界的リーダー企業であるアイデミアは、2018年3月27日(火)に投資家向けに2017年通期財務業績を発表します。


ディディエ・ラムーシュ最高経営責任者(CEO)とフレデリック・ベリエ最高執行責任者(COO)が、同日の中央欧州時間午後1時(ロンドン時間午後零時/ニューヨーク時間午前7時)に財務業績を発表し、質問を受け付けます。

電話会議ダイヤルインの詳細:

電話会議の電話番号:
フランス:+331 72 72 74 03 暗証番号:18691033#
英国:+442071943759 暗証番号:18691033#
米国:8442860643 暗証番号:18691033#

ウェブキャストへのアクセスリンク:
http://event.onlineseminarsolutions.com/r.htm?e=1638875&s=1&k=CD11FF885F7EA87280B32C51EA78CAEF

詳細については当社ウェブサイトをご覧ください:http://investors.oberthur.com

アイデミアについて

OT-モルフォは、アイデミアという名称になりました。アイデミアは、拡張された本人確認技術の世界的リーダーとして、接続された環境で可能になった方法で市民と消費者が交流、支払い、接続、旅行、投票ができるよう支援するという野心を持っています。
私たちが暮らす現在の世界では、私たちの本人確認情報のセキュリティーを確保することが必要不可欠となっています。拡張された本人確認を支持する立場に立ちながら、当社は個人が対象かモノが対象かを問わず、この資産を思考、生産、使用、保護する方法のあり方を塗り替えます。当社は金融、通信、本人確認、公共のセキュリティー、IoTの分野の国際的顧客を対象に、プライバシーと信頼を確保するとともに、認証されセキュアで検証可能なトランザクションを保証します。
アイデミアはOT(オベルチュール・テクノロジーズ)とサフラン・アイデンティティー・アンド・セキュリティー(モルフォ)が合併して生まれました。売上高が30億ユーロ近くに上り、世界で1万4000人の従業員を擁するアイデミアは、180カ国の顧客にサービスを提供しています。

  • 詳細については、www.idemia.comをご覧ください。ツイッターで@IdemiaGrouppをフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Press contact:
Havas
Hanna Sebbah
idemia@havas.com

アイデミア:生体認証の技術革新による旅客移動の容易化をパッセンジャー・ターミナル・エキスポ(2018年3月20~22日)で実演

仏コロンブ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 拡張された本人確認技術の世界的リーダー企業であるアイデミアは、2018年パッセンジャー・ターミナル・エキスポ(PTE)への参加を発表しました。PTEは航空業界における世界最大の展示会です。航空会社、空港事業者、公的機関を含む業界の全関係者が参集するPTEは本日から始まり、3月22日までストックホルムで開催されます。


空港利用客が一貫してうなぎ登り1にある中で、旅客移動を効率的に管理するとともに、特に厳格なスクリーニング手続きを併せて実施することが、以前にも増して戦略性を帯びるようになっています。アイデミアは当社の革新的な拡張本人確認技術により、セキュリティー要件を確実に順守しながら本人確認を行うことで、よりスムーズな旅客体験を実現します。

こうした意味合いで、アイデミアは今日、世界の幾つかの国際空港で非拘束的な旅客移動ソリューションを運用しているところです。例えば、5年連続で世界最高の空港にランクされたシンガポール・チャンギ空港は最近、その革新的な第4ターミナルを旅客が通過する際の生体認証による本人確認サービスの提供で、アイデミアを選定しました2

広範な革新成果をアイデミアのブースで展示して、立ち止まることなく座席に向かうことのできる高度な移動体験を実演して見せます。

  • MorphoOneLook:迅速・スムーズに顔撮像と虹彩撮像を行って、その場で本人確認するための最新ソリューション。
  • MorphoWave:特に国境警備や搭乗審査で、手を非接触で動かすという単純動作により、1秒未満で指紋を撮像するソリューション。
  • MorphoFace:精度を高めながら、顔の造りを1秒未満で分析して、途切れることのない旅客移動をさばく。
  • Morpho Video and Image Analytic Platform (MVI):直感的で迅速なインターフェースを備えたビデオデータ分析ソリューション。フランスの警察が使用している。
  • PNR / Morpho Traveler Analytics Suite:旅客データを収集して潜在的リスクを評価するための総合ソリューション。
  • その他もご期待ください。

市民向け本人確認/公共セキュリティー事業部門グループエグゼクティブバイスプレジデントを務めるフィリップ・バローは、次のように述べています。「私たちはパッセンジャー・ターミナル・エキスポに参加できることを喜んでいますが、それは世界中で個人の旅行・移動を最適化するために日夜奮闘している航空業界の主役にとって、この国際ミーティングがいかに重要であるかを知っているからです。アイデミアは光栄にも、セキュリティーが確保され、革新的で、スムーズな体験をユーザーにもたらす最先端技術を紹介します。」

422スタンドにお越しいただき、拡張本人確認技術の世界をご体験ください。

 

アイデミアの演者とデモ担当者が喜んでお迎えします。

アイデミアについて

OT-モルフォは、アイデミアという名称になりました。アイデミアは、ますますデジタル化される世界に対応するための拡張された本人確認技術の世界的リーダーとして、接続された環境で可能になった方法で市民と消費者が交流、支払い、接続、旅行、投票ができるよう支援するという野心を持っています。

私たちが暮らす現在の世界では、私たちの本人確認情報のセキュリティーを確保することが必要不可欠となっています。拡張された本人確認を支持する立場に立 ちながら、当社は個人が対象かモノが対象かを問わず、この資産を思考、生産、使用、保護する方法のあり方を塗り替えます。当社は金融、通信、本人確認、公共のセキュリティー、IoTの分野の国際的顧客を対象に、プライバシーと信頼を確保するとともに、認証されセキュアで検証可能なトランザクションを保証します。

アイデミアはOT(オベルチュール・テクノロジーズ)とサフラン・アイデンティティー・アンド・セキュリティー(モルフォ)が合併して生まれました。売上高が30億ユーロ近くに上り、世界で1万4000人の従業員を擁するアイデミアは、180カ国の顧客にサービスを提供しています。

詳細情報についてはwww.idemia.comをご覧ください。ツイッター(@IdemiaGroup)で当社をフォローしてください。

1 2016年は6.3%増加して37億人に達し、新規路線700本が追加(出典:IATA、2017年2月)
2 https://www.idemia.com/press-release/idemia-technology-powering-world-premiere-free-passenger-flow-terminal-4-singapore-changi-airport-2017-11-15

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Press:
Havas Paris PR Agency
Hanna SEBBAH, +33 (0)663 733030
idemia@havas.com